前へ
次へ

食材ロスをできる限り出さないようにしよう

健康のためには新鮮なものを食べるのが一番です。
食材は1日の食事に必要な分だけを買い、新鮮なうちに食べきるようにしたいです。
しかし、これはなかなかできません。
毎日買い物に行くのは不可能に近いですし、買ったものすべてを一度に使い切ることも難しいです。
ほとんどの人は、買いだめして保存することが基本のようになっています。
これは仕方ないことです。
保存しても傷んでしまう前に食べきれば問題ないですが、野菜を腐らせてしまったことがある人は多いでしょう。
気づいたら調味料の賞味期限がかなり過ぎていたと言うことも珍しくありません。
それではもったいないです。
近年では、世界的に食材ロスが問題視されるようになってきました。
エコが重要視されるようなった現代社会では、一家庭レベルでも食材ロスが出ないように考えるべきです。
正しい保存方法や、食材を無駄なく食べきるテクニックを覚えるようにしましょう。
環境保護にもつながります。

Page Top